記事一覧

ながらくお休み、すみません。

大忙しの夏が終わり、ホッとするまもなくいろいろな所にひっぱりだされて、相変わらず、大忙しを楽しんでいます。
今、鴨川では、いろいろなことが始まってます。鴨川の情報をすべてまとめた、鴨ナビというポータルサイトが、オープンしました。商工会、観光協会旅館組合もちろん、ペンション組合、市役所みんなで力をあわせて作りました。みんなで力をあわせることって大事なことで、また、なかなか出来ないことだったけど、今回は、バッチリデス。それも、役所主導ではないんです。みんな、自分たちで、何かしようという気になってます。元気な鴨川に向けての第一歩と言う感じかな?ぜひ、一度このポータルサイト見てください。かもがわナビで、検索してください。

こんなの、作っちゃいました

ファイル 30-1.jpg

商工会の女性部で、こんな絵柄のオリジナルTシャツを作っちゃいました。万祝の図柄です。万祝とは、大漁の時に船主が漁師に配る晴れ着で、漁師の誇りでした。今は、そんな風習もなくなりましたが、鴨川にはその技術は受け継がれたいます。そこで、その絵柄を使わせていただき、プリントTシャツにしてみました。おみやげとして、販売を開始しましたが、反響が大きくてちょっとびっくりです。うれしいよ~

大変ながらくご無沙汰しました。

ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpgファイル 29-3.jpg

棚田の夜祭、シーフェスタの準備、そして当日と大忙しの1ヶ月。やっと終ってほっと一息です。どちらも、順調にいきました。よかったよかった!
イべントとなると、計画から実行と、とにかく自分たちでやるので(もちろん市や、観光協会主導ですが、実際自分たちが動くので)ほんと、大変です。
私ときたら、6月1日、シーフェスタでは、ペンション組合、商工会女性部、観光協会と、3つ掛け持ちです。身体が3つ欲しかった・・・
ペンション組合では、手作り甲冑の試着をやりました。

地元、城西国際大学の先生や学生さんと組んで練り歩いたり・・・
子供たちが、喜んで試着し、しゃしんをとってもらっていました。大盛況でした。

いよいよ、5月の連休です

今年はカレンダーが良くなくて、ゴールデンウイークにならず4連休のみ。今日までは、数組のお客様で、のんびりやってます。いよいよ明日から満室の3日間が始まります。がんばるぞ~!
ずっと良い天気だと言っていたのに、今日から明日の午前中まで雨!釣りのお客様、サーフィンのお客様が、がっかりしてます。明日は少しでも早く天候回復してくれ~
ところで、本日やっと、デジカメの修理が終わって帰ってきました。また、写真が載せられるぞ~。

マリーンスタジアムへ行ってきましたが・・・

鴨川は、千葉ロッテマリーンズの2軍のキャンプ地になったので、市をあげて応援しています。昨日24日鴨川デーということで、イベントがあり商工会女性部(私も入ってます)につみれ汁無料配布の依頼がありました。大なべ抱えて行ってきました。ところがあいにくの空模様。
心配したとおり、試合は4時時点で中止決定。たくさん作ったつみれ汁をとにかく帰るお客様に召し上がっていただかないと持って帰るわけにも行かず・・・そこで私、スピーカー片手にところ構わず?呼びかけて歩きました。雨のショボ降る中を・・何とか無くなってホッと一安心。でも、待てよ。つみれ汁に夢中で鴨川の宣伝するのを忘れてた!! 何しに行ったのでしょう??やっぱり、ドジなドン亀でした。アハハ

棚田の夜祭

ファイル 26-1.jpg

私の撮った写真なので、ちょっと分かりにくいですが、去年の鴨川大山の棚田夜祭です。畦に松明[たいまつ]を立てちょっと神秘的な景色だと思いませんか?今年は、5月17日~25日(10日間)に行われます。だんだんと暗くなっていく頃から、刻々景色が変わっていきます。一見の価値ありますよ。見に来てください。
私は、松明係りとして2日くらいは現地にお仕事に行きます。皆で協力してやる手作りのイベントです。どうぞ、天気の良い日が続きますように!!

ショック!

前回、お花見に行って写真を撮ってくると言ったのですが、たしかにマザー牧場で、お花見をしました。菜の花のじゅうたんに桜の花。すばらしかったです。眺めながら、お弁当食べて・・・楽しかったです。なんで写真がないのかって?なんと、カメラ落として壊してしまった~。カメラは、買えばいいけど、あの景色が撮れなくてくやし~(泣)。というわけです。さすが、ドジなドンがめでした。

菜のもそろそろ終わりです

ファイル 24-1.jpg

菜の花が、こんなにきれいに咲いていますが、もう終わりです。さくらが、咲き始めました。さくらの季節は、気忙しいですね。お花見に行きたいし天気は気になるし、そんなこんなしているうちにさくらが散り始めるし・・・
「世の中に、絶えて桜がなかりせば、春の心はのどけからまし」なんて和歌ありましたよね。ほんとそう思います。なんてね!
今週中にマザー牧場にでもお花見に行こうと思ってます。
いい写真が撮れたら、次回にでも、ご紹介します。

おとし(やくおとし)といいます。

ファイル 23-1.jpg

よく、どんと焼きと言うのは聞きますが、太海では、節分にこの、おとしというのをやります。山から竹や枝を取ってきて、4メートルくらいに立てかけ、燃やします。浜に積んだ木々に火をつけると、真っ暗な浜でいきおいよくぱちぱちと音を立てて燃え上がり、壮観です。部落単位で行われるそうで、次々とみごとに写真のような火柱が上がり厄を落としていい年になるように、願う行事です。準備からすべて、部落の人の手でおこなわれていますが、これも、いつまで続けられるか・・・少子高齢化に歯止めがかかりません。守って行けないものかな~と思いながら見てきました。

歴史を感じました。

ファイル 22-1.jpg

先日家から車で15分の所にある曾呂尋常小学校分校に行く機会がありました。明治7年日本ではまだ小学校が整備しきれていない時代に、山深いけして豊かでもないこの地では本校まで6キロの道を歩いて通えない下級生が学べるように、分校まで用意していたというのは驚きです。先人の次の世代への期待の大きさを感じますよね。私たちはこの期待に果たして応えてきたのだろうか・・・
いま、この校舎は崩壊寸前。何とか保護したいのですが・・・
何とも懐かしい気がする建物です。